ブリーダーの資格・仕事・なるには?

ブリーダーの仕事内容

ブリーダーの仕事は一言で言うと、ペット(主に犬・猫)を繁殖・飼育を行いペットショップやペットを買いたい人に販売します。

 

会社規模で大掛かりに繁殖を行うブリーダーもいますが、個人が家庭で行うブリーダーが主になります。

 

健康なペットを繁殖させ、子犬・子猫の世話・体調管理・基本的なしつけ・予防接種を行い育てたペットを販売したり、展覧会・ショーなどに参加もします。

 

血統の良い犬を掛け合わせてさらに質の高い犬を繁殖させたり、異なる品質を掛け合わせて品種改良などを行うトップブリーダーもいます。

 

ブリーダーは主に、仲介業者を介してペットショップへ販売・インターネットを利用してペットの直接販売をします。
ペットの性格や生活環境がわかりやすく、母犬・兄弟犬の状況がわかるため口コミ情報などでより良いブリーダーから直接購入する人も増えています。

 

ブリーダーは命を守るという大変な仕事です。
ペットを飼っている人が趣味で子供を産ませ販売し副業にしている人もいますが、経験だけでは不十分。
ペット・動物の基本的知識はもちろん高度なスキルを身につけ、ペットを育て命を守る覚悟が必要といえます。

ブリーダーに必要な知識と資格

ブリーダーになるために絶対に必要な資格はありませんが、より良いブリーダーになるには、ペットの育て方・しつけ・健康管理など基本的なペットの知識はもちろん、血統に関する知識・遺伝など繁殖に関する知識や動物愛護管理法なども勉強しなければなりません。

 

※ペットを販売するには「動物取扱責任者」等の資格・各種届け出は必要です。

 

ブリーダーになるには?

 

スクールや通信講座などでブリーダーとしての知識を身につけます。
主婦が空いてる時間に、社会人が働きながらでも学べるのが魅力です。
また、実際に活躍しているブリーダーの元で働き、実体験を通して知識や技術を身につけるのも近道です。

 

ヒューマンアカデミーたのまなの「ペットビジネス総合講座」ではペット繁殖指導員の資格が目指せます!

↓↓↓↓

ペット

ブリーダーの総合的なノウハウを学習できるため
知識が0の初心者の方にもおすすめです。
資料請求は無料です。

 

ブリーダーの資格取ができる通信講座・スクールまとめて検索・無料資料請求したい方はこちら!
しっかり比較検討してくださいね。

↓↓↓↓

ペットブリーダー通信講座

当サイトでご紹介している通信講座は受講内容・受講期間・消費税導入により受講費用など価格が異なったり、変更している場合もございます。URL先や資料などを取り寄せ十分に確認してください。