動物園飼育員になるには?

動物園飼育員になるには?仕事内容

動物園・サファリーパーク・水族館などで動物の飼育を行い、健康を管理するのが動物園飼育員(動物園スタッフ)の仕事になります。

 

動物園飼育員(動物園スタッフ)の主な仕事内容
動物の健康管理
掃除
動物舎の修理・点検
来園客の接客
イベントの企画・運営
ショー・トレーニング
飼育日誌の記録
など、たくさんの仕事があります。

 

動物園で働く動物園飼育員(動物園スタッフになるにはどうすればよいのでしょうか?

 

動物関係の大学・専門学校などで知識を身につけ、動物園や水族館などに就職するのが一般的です。(大学(獣医学科・畜産学部・生物生産学科・農学部など)
専門学校(ペット学科・動物看護学科など)

 

また、動物園・水族館には公立と私立があり公立の水族館・動物園で就職するには、地方公務員試験に合格しなければなりません。

 

絶対に必要な資格はありませんが、持っていると有利な資格は潜水士・ダイビングなどがあります。
水族館で就職するには泳げないと仕事になりません。

 

就職は難しい動物園飼育員(動物園スタッフ)

 

動物園や水族館で働く飼育員(動物園スタッフ)は採用が少なく、大変人気があるため競争率も高くなかなかチャンスはないようです。
動物園で働く獣医師もいますが、こちらも狭き門となっているようです。

 

高校生のための大学・短大・専門学校の進学情報サイト

↓↓↓↓


動物園飼育員(スタッフ)を目指せる学校の情報がでてきますので利用してみてください。

 

 

 

ドッグトレーナーなど犬猫ペットと関わる仕事・通信講座・スクール探しBrushUP

↓↓↓↓


動物・ペットに関するスクール&通信講座

当サイトでご紹介している通信講座は受講内容・受講期間・消費税導入により受講費用など価格が異なったり、変更している場合もございます。URL先や資料などを取り寄せ十分に確認してください。