盲導犬訓練士の資格・仕事・なるには?

盲導犬訓練士の仕事内容と資格

目が不自由な人をサポートする盲導犬。
すべての盲導犬は盲導犬育成施設で訓練を行います。
担当の犬を訓練するだけではなく、食事や運動、排便、シャンプー、ブラッシング、掃除など様々な業務があります。

 

盲導犬を育成・訓練する職業として、一般的に名前が知られているのは「盲導犬訓練士」ですが、実際は、「盲導犬訓練士」「盲導犬歩行指導員」と大きく二つに分けられます。

 

盲導犬訓練士は盲導犬の訓練、育成に携わり、盲導犬歩行指導員は、目の不自由な方と盲導犬との歩行指導を行います。

 

犬への愛情だけではなく、忍耐力、障害者をサポートする能力、人とのコミュニケーション能力も必要です。

盲導犬訓練士になるには?

盲導犬訓練士になるには、国家公安委員会指定の盲導犬育成団体に就職をし、研修生として少なくとも3年以上働きながら学ばなければなりません。
盲導犬育成団体は全国に9箇所あり、盲導犬訓練士学校を開設している協会もあります。

 

就職ができても、必ずしも盲導犬訓練士になれるわけではありません。
知識や技術が盲導犬訓練士として認められ、さらに2年程の実務を経験し訓練士としての技術、専門知識などの能力が認められると盲導犬と一緒に歩く指導のできる盲導犬歩行指導員として認定されます。

 

盲導犬訓練士は、全国に数十名しかいないにも関わらず希望者は年々増え、競争倍率の高い大変狭き門となっています。
盲導犬訓練士になるには相当の粘り強さが必要と言えます。

 

盲導犬訓練士学校を検索・資料請求ならこちら

↓↓↓↓


「盲導犬」でキーワード検索すれば盲導犬に関する学校の情報がでてきますので利用してみてください。

 

社会人からなれる!ドッグトレーナーなどペットと関わる仕事・通信講座・スクール探しならBrushUP!
こちらから資料請求無料でできます♪

↓↓↓↓

ドッグトレーナー

当サイトでご紹介している通信講座は受講内容・受講期間・消費税導入により受講費用など価格が異なったり、変更している場合もございます。URL先や資料などを取り寄せ十分に確認してください。